光・レーザー脱毛治療の流れ

光・レーザー脱毛の治療の流れ

レーザー脱毛は理論と経験から綿密につくられた照射マニュアルの励行が効果と副作用の有無を決定します。たとえば内視鏡検査や外科手術などの診療行為と異なり、施行者が独自に判断したり訓練により習得した技術を発揮する余地はありません。
私たちのクリニックで、医師が相談を受け説明し、レーザー装置の出力設定をし、実際に照射するのは看護婦です。
看護婦はマニュアルにしたがって行動します。私たちの看護婦は自分の知識で判断できることとできないことを自覚して おります。自分が不明なことに遭遇した場合には上級の看護婦に相談しますし、それでも判断できないことは医師に判断を仰ぐような院内体制をとっておりま す。
もちろん、看護婦ではなく、直接医師から話を聞きたいこともあるかとおもいます。そのような場合に は遠慮なくお申しでください。

 

1:予約

レーザー脱毛は初診(テスト照射)から、すべて電話による予約が必要です。また、初診時は医師による診察も行いますので、別途予約をおとりください。
 

2:初診(テスト照射)

皮膚にもメラニン色素があります。このため色黒の方や日焼けなどをして黒くなっている場合に光・レーザー脱毛をすると皮膚にも反応して火傷をしてしまう可能性があります。
こうしたことを予防するためまずテスト照射を行い、テストした部分に異常がなければ1週間後に本照射となります。
 

3:1回目の照射

1回目の照射と基本的には同じです。

  • 1 できるだけ照射部位を剃った状態でおこしください。剃りにくい場所であればスタッフが剃ります。(別途料金)
  • 2 1回目の最後におこなった次回テストの結果をお聞きし、再度、当日テストとして数発照射します。
  • 3 10分後に毛根がレーザーに反応(毛穴の発赤腫脹)していること、異常がないことを確認していただいたうえで、全 照射します。
  • 4 全照射後にも反応を確認していただき、その後、抗生物質添加ステロイド系軟膏を塗布 し、冷やしたタオルをあてて熱を冷まします。
  • 5 おちついたら、照射した設定より数段階強い出力で次回 (3回目)のためのテスト照射をおこなって終了です。
 

4:2回目照射までの間・・・

発赤: 数日間続くことがあります。続いている間は軟膏を塗り、色素沈着を防止するために直射日光を避けてください。また、浴槽への入浴はやめてください。シャ ワーは積極的に使用して清潔を保ってください。4日以上発赤が続く場合には御連絡ください。

かゆみ: 数日後〜1週間して痒みがでる人がいます。レーザー脱毛では毛根の爆発的燃焼によって毛嚢を破壊して永久脱毛を実現します。皮膚表面はヤケドしていなくても奥の方はヤケドするわけです。そのヤケドが治癒する過程において痒みが発生する場合があります。そのような場合、過 度に掻きつぶすと細菌感染による毛嚢炎をおこしてしまいますので、早めに御連絡ください。痒み止めと感染予防の抗生物質を処方いたします。
毛の燃えかす: 燃えた毛は、照射する前に比べて2〜3倍に太く膨隆しています。そのため「黒い点々」として目立ちます。引っ張ればスルリと抜けると脱毛できたと実感でき るのですが、確実に処理されていても膨隆が強いと毛穴に詰まった状態となり、引っ張ると抵抗があることがあります。処理されていないのではないかと不安に なるところですが、1週間は観察してください。数ミリ飛びだした状態で止まります。無理に抜くと毛嚢炎をおこすことがありますので注意してください。照射から3週間程度で自然に排出されてきます。
日焼け: 初期の発赤が消えれば日常生活に支障はあり ません。厳重な紫外線対策は発赤のある間だけですが、日焼けしてしまうと次回の脱毛に支障をきたします。1回目と同じ皮膚の状態であることを前提にして次 回テストなどのプランをたてていますから、日焼けしてしまうと、おちつくまで次回の照射を延期していただくこともあります。


発毛: 4週間目くらいから、毛が伸びはじめます。最初はチョロチョロと産毛のように頭をだしてきます。6週間目くらいになると剃らないと目立つものがでてきます が、産毛と混在していますの、剃りながらお待ちください。2ヶ月くらいすると、だいたい生え揃ってきます。2回目の予約をおとりください。短い間隔での照射は効率が悪いばかりではなく、脱毛できない産毛をたくさんつくることになりますので止めたほうがよいです。間隔が開くことは、なんら支障はありません。
 

5:2回目の照射


  • 1 できるだけ照射部位を剃った状態でおこしください。剃りにくい場所であればスタッフが剃ります。(別途料金)
  • 2 1回目の最後におこなった次回テストの結果をお聞きし、再度、当日テストとして数発照射します。
  • 3 10分後に毛根がレーザーに反応(毛穴の発赤腫脹)していること、異常がないことを確認していただいたうえで、全 照射します。
  • 4 全照射後にも反応を確認していただき、その後、抗生物質添加ステロイド系軟膏を塗布 し、冷やしたタオルをあてて熱を冷まします。
  • 5 おちついたら、照射した設定より数段階強い出力で次回 (3回目)のためのテスト照射をおこなって終了です。
 

6:3回目照射までの間・・・

1回目から2回目までの間と基本的に同じです。回を重ねる度に毛の量は減り細くなってきますから、3回目までの間隔は3ヶ月以上あける場合もあります。個人差がありますので生え揃ったら予約してください。再度、記しますが間隔は短いと支障をきたすことがありますが長くても問題はありません。最終的な効果を考えて、できるだけ間隔をあけるようにお願いします。
 

7:その後

以後は、この繰り返しです。何回照射することになるのかは人に よって異なります。ある程度の減毛でよいとおもう人は3回くらいで済むでしょうし、最後の1本までも徹底的にとおもう人は10回以上も必要なこともありま す。
最後の1本までとおもっても、それは細い産毛のことが多いですから高出力に皮膚が耐えられなければ 諦めていただくしかありません。また、耐えられても機械の性能の限界に達してしまえば、それ以上は無理なのですから諦めていただかなくてはなりません。
 

PCから診療予約

クリニック案内

アクセス


大きな地図で見る
■所在地
〒468-0011
愛知県名古屋市天白区平針2丁目
1906番地 KMビル2F

■診療時間
午前 9:00 ~ 12:00
午後 16:00 ~ 19:00
※土曜日は9:00から12:30まで
※休診日:土曜午後、水曜・日曜・祝日

■アクセス
地下鉄鶴舞線 平針駅 1番出口徒歩1分
駐車場あり

※ご質問等お気軽にご相談下さい。
お電話による受け付けも可能ですので
診療時間内にご相談ください。

お問い合わせ 詳しくはこちら
携帯サイトはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ