ホーム > 高周波治療 > イントラセル

イントラセル

高周波治療

新型イントラセルに2012年6月バージョンアップ!

イントラセルがバージョンアップして
3つの機能が増えました。

 針なしチップ(SRR)

 リアルタイム電気抵抗計測システム

 モノポーラーRF

 
針なしチップ(SRR)
イントラセルは1回でもしわ・たるみの改善を実感できる治療ですが、
治療に伴う痛みとダウンタイムがあるため、スキンリジュビネーションのために行うには少し敷居が高い治療でした。今回イントラセルがバージョンアップしてeマトリックスのような針のないチップが使用できるようになりました。これにより麻酔が不要になり、お手軽な治療価格でお受けいただけるようになりました。

針なしチップ(=サブレイティブ・チップ)は、当然針がないため出血は一切ありません。
写真はチップの拡大写真ですが、先端が丸くなっているのが分かります。
先端に高周波を流すことで、表皮から真皮上層まで熱損傷を生じます。
針付のチップとは違い皮膚表面にも熱損傷を生じますが、
表面は極小の点で深くなるほど逆台形に広がっていくことが特徴です。
これはレーザーとは全く逆の作用です。
治療の痛みは麻酔なしでも少しちくっとする程度で、
治療後は顔全体が熱くてヒリヒリしますが、数時間で消失します。

通常、赤みは当日、長くとも翌日に消えることがほとんどで
当日から化粧をすることが可能です。

特に、皮下出血が心配であった眼の周囲の皮膚が薄い部分のたるみやしわの改善に最適です。
Syneron社のeマトリックスと同様の治療がイントラセルで可能になり、
リーズナブルな料金で提供できるため、気軽に受けられると思います。

料金 顔全体 1回 63,000円 (4週間に1回、4~5回)
対象 眼の周りのたるみやしわの改善や肌全体の引き締めに効果があります。

リアルタイム電気抵抗計測システム
〜リアルタイム・インピーダンス・マッチング・システム

生体に電気を流すと組織によって電気抵抗値が異なるので、同じ強さで電流を流しても発熱量に差が出るのが普通です。例えば、40Vの電圧を筋肉と脂肪にそれぞれ加えると、それぞれの生体抵抗値の違いから、発熱量が約200倍の差が生じるといわれています。新型・INTRAcel(イントラセル)は、患者個人毎や照射部位により違いが生じる生体の電気抵抗値を、 施術中にリアルタイムで測定しながら、その抵抗値に応じて電圧を変化させます。これにより治療部位に作用する熱量が常に一定になり、均一な施術をおこなうことができるようになりました。

モノポーラーRF
テノールのユニポーラーのようなモノポーラーモードは一般的にはより深く加温できるのですが、このモノポーラーモードも使用できるようになりました。
従来のバイポーラーモードとは異なり、大きなタンパク質変性を生じさせることで強い肌の引き締め効果を得られるようになりました。
左側はモノポーラーで照射した後の真皮の組織像です。
右は既存のバイポーラーで施術した時の組織像です。
既存のバイポーラーが卵円形のしっかりとした変性なのに対し、モノポーラーは大きく広い変性となっています。

新型イントラセル究極の治療法
 ~TLT(トータル・レイヤー・セラピー)~

新たに針無しモードとモノポーラーモードが加わったことで、表皮から真皮まですべての深さの治療を比較的軽度なダウンタイムで1台の機械でおこなうことが可能となりました。

SRRチップによる針なしイントラセル

主な特長
  • しわ・たるみなどの皮膚の老化やニキビ・ニキビ痕を改善
  • 従来のイントラセルでは難しかった表皮~真皮乳頭層あたりの浅い層の加温をSRR針無チップで施術することにより、しわ・たるみ・ニキビ跡を改善します。

  • 術後のガーゼ被覆が不要で、色素沈着も少ない!
  • フラクショナルレーザーと同様に面ではなく点で治療をし周囲に正常皮膚を残すので、ガーゼの被覆が不要で治療後の炎症後色素沈着の頻度が少なくなります。

  • SRRチップは表皮へのダメージ軽微なためダウンタイムが1日!
  • 通常のフラクショナルレーザーでは表皮へのダメージが強いため、ダウンタイムが4日くらい必要でした。
    新型イントラセルのSRR針なしチップは表面のダメージは極小でダウンタイムは1日です。
    また皮膚深くに行くほど強くなる逆台形の熱損傷を生じるので、効果はフラクショナルレーザーと同等です。

  • ニキビ跡の陥凹(クレーター)やしわ・たるみを改善したい方
  • ダウンタイムを最小限にしたい方
  • しわ・たるみなど、若返り、老化防止をもっと手軽にしたい方
痛み

SRRチップによる針なしイントラセルは麻酔不要で痛みも軽度

所要時間

30分

施術回数

2-4週間に1回 計5回

SRR針なしチップのダウンタイム

左が治療直後、右が治療約17時間後(翌日)で、右頬、鼻の下、前額右側のみ治療しています。
この様に直後の状態は赤くなり腫れているのは針ありイントラセルと同じですが
大きな違いは翌日にはこの様に赤みや腫れは引いてしまい、ダウンタイムが軽微なことです。


高周波治療

フラクショナルRF 「イントラセル」

■従来のリサーフェシング治療の欠点
術後にガーゼによる被覆が必要で、ダウンタイムも長い

従来、皮膚の老化やニキビ痕の凹凸やシミ・しわなどのような肌表面のトラブルを解決する治療の中で、最も効果的なものはCO2レーザーやエルビウムヤグレーザーを用いたリサーフェシング治療(皮膚をレーザーで一度削り取って完全に入れ替える方法)でした。

これらのレーザーは水分に吸収され、表皮を蒸散させ、皮膚を面でリサーフェシングしますが、欠点は術後表皮がなくなるため、ガーゼによる被覆が10日~2週間必要なことです。また黄色人種である日本人では白人と違って治療後の色素沈着が必発で、これは回復まで約6ヶ月間を要します。このためこの治療を行うにはかなりの覚悟が必要でした。

この欠点をなくし、同様な治療を可能にしたのがフラクショナルレーザーです。
ただフラクショナルレーザーにも欠点があります。

 
■フラクショナルレーザーの弱点
深部への治療の場合、ダウンタイムや副作用の発現が高くなる

より深い部分まで治療しようとすると強い出力が必要となります。そうなると同じサイズの点で当てているつもりでも、出力をあげることで図のように皮膚表面ではスポットサイズ以上に熱影響を受け、レーザーリサーフェシングのように面の治療に近い治療となり、ダウンタイムや副作用の発現が高くなります。
これでは点であてるフラクショナルレーザーのメリットが少なくなります。

■これらの欠点を解消したイントラセル
表皮へダメージを与えず、深部への治療も可能

イントラセルは表皮に対して右図のように針が刺さるだけで、熱作用はありませんので、出力をあげても表皮へのダメージはありません。このため選択的に真皮のみを治療することが可能です。また、刺入する出力の強さを調節をしなくても針の長さを変えることで真皮上層、真皮下層を治療可能です。
 


主な特長
  • しわ・たるみなどの皮膚の老化やニキビ・ニキビ痕を改善
  • フラクショナルRFにより真皮のみを効率よく熱損傷させることで、創傷治癒を働かせ、コラーゲンの合成を促し、ニキビ跡の陥凹(クレーター)やしわ・たるみを改善します。

  • 術後のガーゼ被覆が不要で、色素沈着も少ない!
  • フラクショナルレーザーは、面ではなく点でレーザー照射をし、周囲に正常皮膚を残すことで、ガーゼの被覆が不要で、治療後の炎症後色素沈着の頻度が少なくなります。

  • 表皮に余計なダメージを与えない!
  • 通常のフラクショナルレーザーでは、治療したい真皮だけでなく表皮まで作用が及ぶため、不必要なダメージを皮膚に与えてしまいます。
    一方、フラクショナルRFは7x7の49本の細い針を皮膚に刺入し、先端でのみ高周波を照射することで、表皮にはダメージを与えず、真皮だけに効率よく熱損傷を生じます。

  • ニキビ跡の陥凹(クレーター)やしわ・たるみを改善したい方
  • 術後、ガーゼによる被覆をしたくない方
  • ニキビ治療、若返り、老化防止をもっと手軽にしたい方
痛み

麻酔をしても強い痛みあり

所要時間

90分

施術回数

たるみの場合、1~2回

【治療原理】

1.ハンドピースを皮膚に接触。
2.自動的にマイクロ針が皮内に刺入。
3.真皮に先端が到達し先端でRFを照射。

 
4.RFにより真皮に熱損傷を生じます。
5.マイクロ針は自動的に抜去。
6.この一連の動作は一瞬に行われます。
 

皮膚表面から約1mmの部分の皮に均一な熱損傷を生じています。(緑色の点線で囲まれた部分)
それ以外の部分は何も変化を起こしていません。
これがフラクショナルレーザーとの違いで、イントラセルは真皮だけを効率的に治療できます。

  

イントラセルによるニキビ跡治療の症例

BEFORE
AFTER
イントラセル治療前
イントラセル治療後
コメント

治療前と2回治療1ヶ月後。

 

イントラセルによるシワ治療の症例

BEFORE
AFTER
イントラセル治療前
イントラセル治療後
コメント

治療前と治療後。

 

イントラセルによる毛穴治療の症例

BEFORE
AFTER
イントラセル治療前
イントラセル治療後
コメント

治療前と治療後。

 

イントラセルによるたるみ治療の症例

BEFORE    
イントラセル治療前
治療前   治療翌日 朝 治療翌日 夕方

    AFTER
イントラセル治療後
治療4日目   治療6日目
 
コメント

フェイスラインが引き締まり小顔になっているのが分かります。シワ・たるみ・毛穴の治療ではニキビ跡の治療ほどダウンタイムは気になりません。通常のフラクショナルレーザーと同じ4日程度と考えて良いと思います。また、当院のピクセルレーザーよりもはるかに軽度です。

 

PCから診療予約

クリニック案内

アクセス


大きな地図で見る
■所在地
〒468-0011
愛知県名古屋市天白区平針2丁目
1906番地 KMビル2F

■診療時間
午前 9:00 ~ 12:00
午後 16:00 ~ 19:00
※土曜日は9:00から12:30まで
※休診日:土曜午後、水曜・日曜・祝日

■アクセス
地下鉄鶴舞線 平針駅 1番出口徒歩1分
駐車場あり

※ご質問等お気軽にご相談下さい。
お電話による受け付けも可能ですので
診療時間内にご相談ください。

お問い合わせ 詳しくはこちら
携帯サイトはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ